• トップバナー
  • トップバナー
  • トップバナー

HOME ≫ ブログページ ≫


春夏秋冬

優先順位

「こうなって欲しいな」
と親なら みんな思いますね

親にとって 
わが子の笑顔は 
何よりのご褒美

教室に入るときは
元気にご挨拶をして入ってくるのが
ルーㇽです。
他人の家に入ってくるのに
黙って入るのは マナー違反ね。

親だけ挨拶する人が最近多く気になっていました。
親もせず 黙って入ってくるのは論外
うちでお勉強するのは誰?

私はこどもの声と顔色でその日の体調を観察します。
私も笑顔が見たいと 思っているのよ
「えー?」と驚く方が多いかも
私が厳しいから 親も子もみんな緊張してはいってくる
そうじゃない元気な親子もいますが・・(笑)

挨拶がとても大切なのは 昔も今もかわりません。
受験予定者は 退出時に 風呂敷に一式を包み
向きをかえて ご挨拶をします。

「声に出す」自分の意思をしっかり相手に伝えることが出来るようになるためには
年少から 動作ひとつひとつの声を出すこと。
内気な子や 声が元々小さい子は 別に大きな声を出す必要はありません。
相手に聞こえる程度で十分

「できました」「わかりません」「どうすればよいですか」
「はい」「ありがとうございました」「こんにちは」「お願いします」
「ごめんなさい」

年齢相応の躾は この挨拶から
年長になってあわてて 挨拶を要求しても
子どもが戸惑うばかり 

国語や算数で100点とれても
あいさつができない子
お返事が出来ない子 
そこぞこのルールが守れない子
残念に思います。
受験で 面接がある理由も わかりますね。

さて 今回の単科ピグマリオン、論理国語の
体験申込が多かったのには驚きました。
親の目で確かめるのはよいこと
親の願う 子どもの笑顔がさてみられるかな

子どもの笑顔が見たいなら
年齢相応の基本的生活習慣を見直しましょう。
これがある程度できていないと
どれだけコマ数を増やしても
お勉強させても 笑顔は見られない


















 
2020年02月24日 06:18

大きな声で泣けるうちに

先週、入室後3か月がたち 始めて叱った新年少さん
大きな声で 泣きましたが 泣きながらも最後までがんばりました。

さて 今週どうかしら と心配していたら
元気一杯 ニコニコ笑顔で登場 私の指示もしっかり入り 笑顔で「簡単!」??という言葉まで出ました(笑)

私の受け持ちの子には 入室後3か月は 余程のことがないと私は叱りません。
教室の色々なことに慣れていないうちに 叱られたら つらいですものね
保護者の皆様にもそうです。入室から半年ぐらいは 私は猫をかぶっています。

他の講師の担当の保護者や子どもにもそうです。
基本 担当講師の指導方針があるので それを尊重しています。

さて 昨年まで他の講師が担任だった方で 今年1月から私が担任になった皆様と一生懸命 信頼関係を築くために 今は様子をみています。
恐らく 保護者の方も 子どもも きっとそうかな

割とやさしいじゃん・・と今は思っているのかな(笑)怖いですよ‥私は・・
今 既に怖いと感じている方 実は もっとこわ~いです。
うちに長い保護者のみなさまが これを読みながら「うんうん・・」とうなずいているかな

特に受験予定の保護者の方には 厳しいです。

子どもは年長以上になると 泣いているのを見られないようにします。

昨年の修了テストで ほんの一瞬の油断で 点を取りこぼし
それがなければ 1位だった新2年生の子ですが
私の前では泣かず(悔しそうではありましたが)帰りましたが
「できたはずなのに できなかった」と帰宅後 悔しくて泣いたそうです。

新1年生で 初めての算数専科チャレンジ 上級生のスピードに驚き
手が震えて 涙がこぼれましたが その涙をぬぐいながらも最後までがんりました。

また 今年の新2年生 中受クラスになり 私のレッスンスピードに ついてこられず
理解不足でできない問題に 涙‥涙・・しかし私に見つからないようにしていました。

みんなついてこられない から その子だけができないわけではないのですが
他のこは・・「??わかんない」「・・・・・」
何がなんだかわからずに 苦笑いの子もいました。

私が保護者フィードバックに退室すると 声を出して泣いたようです。
保護者に後で理由を聞いたら 「やはり悔しかったから」

両者とも伸びますよ。
反応があるから 問題に一生懸命たちむかっているのはわかるからね

さて 新年少さん、新1年生さん
新学年になって初めての全体講習 春期講習がもうすぐやってきます。
80分レッスンになります。新年少さんにとったら長いかな
お兄さん、お姉さんと一緒にお勉強です。
昨年まで(冬期講習)とは 違う雰囲気に 戸惑い泣いてしまう場合もあります。
泣いても大丈夫 大きな声でなけるのは 今だけです。
泣けるうちに 泣きましょうね。

思いっきり泣いたら がんばってみようかな
できるよ 大丈夫!

春期単発個別にたくさんの方がお申込みくださり感謝します。いよいよ始まります。
森先生が丁寧にみてくださいます。
より実りある時間になるように フィードバックでわからない事や困りごとなどは遠慮なくお話ください。

来週は専科がある週なので教室は1週間お休み(受験年長はあります)です。
たまった宿題や 理解不足な問題に向き合いましょうね。

急に寒くなりました。ご自愛をm(__)m






 
2020年02月08日 21:44

心配ないよ

子どもを見ていると同じ学年でも 体格から 発語・行動状況から
それぞれ違いがあり 同じ学年とは思えない時があります。

3歳~年少ぐらいでは
一人で座れる子 親がいないと泣く子
字が読める 字が書ける
一人で何でもやりたい子
自分一人ではやれない子
数が数えらえる 計算ができる・・など

ついつい わが子と他の子を比べてしまい
落ち込む 
発達には個人差があるとわかっていても
目の当たりにしたら 親ですもの 不安にもなりますね。

どうしたら 「すごいな~」と思える子のようになるのか

HP上でも成績優秀者がのり
宿題のやり方も こんな努力をしている親がいますよ・・と
アップするから 焦りますね。

自分(親)のせいだと 責めてしまう場合も 多いですね。

反対に気にする暇もなく マイペースの方もいたり
陰で努力をとてもしているのに 思うような結果にならなかったり

あおるだけあおって 心配ないよといっても
説得力がありませんが

先輩ママの方法を まだ一度も試したことがなければ
一度真似してみるのも良いかもしれません。

どうしよう どうやってやればいいのか
迷って悩むぐらいなら 真似してやってみましょう。

わが子に合わない 自分に合わないばあいは それで諦めて
違う方法にトライすればよいでしょう。

悪戦苦闘しながら よりベストな方法を見つける
わが子によい方法で 焦らずいけば 大丈夫、心配ないですよ。

今回 提出くださった宿題に 色々とコメントや質問がたくさんありました。
ほっといて心配な場合や やり方があまりよくないかなと思うものは 担当講師から指導がいきます。

今回アップした春期確認テスト範囲(幼児)も猛勉強したり 範囲をすべて終える必要はありません。
各学年大切なポイントは改めてご案内します。その部分はしっかり取り組みましょう。

幼児部は 月謝をいただいている以上 しっかり学習効果があるのか 指導法があっているのか
これは講師の指導力の確認テストでもあるのです。

心配しすぎないように しましょう。
それより お子様と楽しく歌をうたったり ゲーム(オセロ・双六・トランプ・将棋・鬼ごっこ・かくれんぼなど)をしたり 外でおもいっきり遊ぶ機会をつくりましょう。
冬にしかできない遊びもたくさんありますよ。



















 
2020年01月14日 13:44

あっぱれ!


新学年が本日7日スタートしました。今年も12月までの1年間走り続けます。
どうぞよろしくお願いします。

あいにくの天気でしたが元気いっぱいの顔が見られて嬉しかったです。
お年賀のご挨拶も頂戴し、気持ちも新たにがんばろう!と思います。

さあ 恒例の宿題チェックから H2クラスは厳しいです。忘れたら自分で理由をいいます。
ウインターは既に冬休み前に提出し、課題の絵日記全員OK 素晴らしい!!
冬休み中は楽しいことがたくさんあったようで 絵日記に様子がたくさん書いてありました。
なかには読書記録もありました。まことにあっぱれ!
保護者の皆さまのご協力に深く感謝します。
小3まではまだまだ 保護者の助けが必要な子もいます。

さて 読書について 
読書の時間は学年が上がるたびに少なくなります。
今が1番読書量が増えて良い時期です。

出口先生の教室にお世話になっているので
問い合わせも出口式のことが今は若干多いです。
相談内容は国語ができない ??何をもって国語ができない??

国語の成績が悪いのでなんとか出口式をして成績アップがしたい
本をまったく読まない・・
漢字が苦手・・

なるほど 
読書量=国語の読解力とは残念ながらなりませんが
授業を通して 問題の内容理解力は 日頃から読書する子のほうがそうでない子より高いように思います。
残念ながら 初年度はクラス編成上 新年中・年長のクラスのみ(一部小学生可)です。
順次開講クラスを増やしたのですが・・今年は空き時間がないため残念です。来年以降の課題です。

国語力をつけたいのであれば お子さまの語彙力を確認してみましょう。
絵本を読んでもらうのが嫌いな子は少ないです。
自分で読めないなら 親子で挿絵をみながら お話するだけでも よいでしょう。
これは小学生にも有効です。

絵日記がいやなら 読書日記でも効果があります。絵だけでもよいですね。
3日坊主にならいように 保護者の方が意識改革をしましょう。

大人でも嫌なことはなかなか進みませんね。
子どももそうです。

取り組むように勧めても 最初の2日、3日はやって・・いつのまにか 1日もやれなくなる
これでは いつまでたっても 成長は望めません。

この冬休みにがんばってくれた課題の絵日記を1週間に1日でも継続してみましょう。1年続けてみましょう。
お子さまも保護者の方も きっと何かが変わります。

これをやれば必ず成績アップという 魔法はそうそうありません。
これを飲めば 美人になる・・と同じかな??

急がば回れ 国語の成績アップを願うのであれば
本に親しみましょう。
日記をつけましょう。
日常の親子の会話に気をつけてみましょう。

+出口式で国語力を磨きましょう。

くどいですが
継続は力なり・・です。
親が先にあきらめない 子どもの能力を信じてあげましょう。
その子の歩調にあわせて

小島クラスは私がせっかちだから ごめんね
習うより慣れよ だね
だんだんスピードアップできるよ

がんばってまいきましょう(^^)/













 
2020年01月07日 20:30

今年も始まりました。

新年あけましておめでとうございます。
今年も 代表と元旦に初詣にいきました。
帰りに毎年楽しみにしている 年賀状を取りに
教室に立ち寄り 今年も1年が始まりました。

卒業生の方からいただく写真付きの年賀状に いつも驚いています。
皆大きく成長して顔つきが違い 代表は「大きくなったなぁ~がんばっとるかなぁ~」と
気分はおじいちゃん(笑)で喜んで見ています。

昨年頂いた写真付きの年賀状と比べても
現在の内部生のみんなも 「おおきくなったなぁ~」と毎年同じ感想・・
代表は毎年嬉しそうです。
ありがとうございました。
忙しい年末に書いてくれた1枚1枚に込められた それぞれのおもいに
今年もがんばらねばと 思いました。

生徒一人一人の顔を思い浮かべ
今年のカリキュラムを確認しつつ 
今年修了卒業(小学部3年間)を控えた あの子たち(新小3)のことを考えました。

思わず涙がでて あと1年ないのか・・随分叱ったなぁ~m(__)mとか
色々思い出してしまいました。
2歳~3歳の時は宇宙人たちと楽しくレッスンしているのか?と思うほど
賑やかで あっちで「せんせー」こっちで「できなーい」「わーん(つд⊂)エーン」・・
今では想像できないほど 本当に大変だったなぁ・・
しかし 手塩にかけて育てた・・とは言えず(私は丁寧ではなく お世話もしません。自ら学ぶ姿勢を育てるのみ)
あの子たちは あの子たちの力でここまで成長したんだとつくづく思います。

あの子たちを笑顔で送り出すために
今年私ができることを 私が伝えられることを惜しみなく伝えていこう
生徒の皆様全員に
私ができる精一杯のことをしよう

今年も元気にがんばります。
どうぞよろしくお願いします。











 
2020年01月04日 22:47
ロゴ
こじま知育教室

名古屋市名東区藤見が丘59
政美マンション206

☎︎ 052-768-5850

ブログカテゴリ

モバイルサイト

こじま知育教室スマホサイトQRコード

こじま知育教室モバイルサイトへはこちらのQRコードからどうぞ!