トップバナー

HOMEブログページ2019年 ≫ 10月 ≫

2019年10月の記事:
春夏秋冬

反省・・

先日リハビリが終わり 教室に戻ってすぐに
「ピンポーン」とチャイムがなりました。
時間は既に18時半を回っています。

朝から私の個別枠の予約にご来室くださる方が続いた日でした。
もう予約席3は既に埋まっています。
「あー満席になっているから 申し訳なかったな」と思いながらドアを開けると
知らない方・・・でした。
入塾希望の方でした。その方曰く 何度か電話をしたのだがつながらずに
思いきってきたのだが 私がいなかったので 手紙を書いて新聞受けに入れようと 再度ご来室くださったようです。

何回も電話をくださっていたこと またお訪ねくださったのに留守であった為 手紙を書いて再来室くださったこと
をお伺いし 自分の体調が悪いことを理由に電話が繋がらないようにしていたことを猛反省しました。

そして、小さなお子様をだっこして 何往復もしてくださったこと それまでして 当教室に入塾をご検討いただいていることに
有難い気持ちと申し訳なかった気持ちとでいっぱいになりました。

広告も出しませんし・・勧誘も一切していないので
うちを知ったきっかけをお聞きしたら以前うちに通室していたかたに聞いたそうです。

今はそれがどなたかは一切聞きませんので わかりませんが・・
私が厳しくメンドクサイと聞いてませんか とだけお尋ねしたら
「とてもしっかりみてくださると聞きました」・・・
と言われたので きっとソフトに伝えてくれたのでしょうね・・・

私は保護者に対して厳しいです。口うるさいです。
頑固です・・ある意味融通も利かない・・
私の良いところを見つけるのは難しいですね。
それを「しっかり見てくれる」とプラスの言葉で伝えてくださったその方に(誰かわかりませんが)
感謝します。

さて、今年も残り2か月になりました。あっという間ですね 1年・・
藤が丘に転居してすぐ 5年分私の個別を予約下さった方々が 来年最後の通室の年になります。
5年・・気が付けばあっという間でした。個別5年分・・長いかな 続くかな・・大丈夫かな?と心配しながらでも
お子様の大切な幼少期に長きに渡り 関われたことは大変光栄に思います。そして 頑張られました。
力不足を常に反省しながら 
後悔することが 少しでもないように 全力で目の前にいる子に向き合う気持ちをこれからも忘れずに
今年も残り2か月精進を重ねていきます。

ところで 1年のまとめ 総復習の時期です。
コツコツが無理でも やるときはやりましょう!小学部は漢字検定が終わり安心していませんか
やらなければいけない課題を先延ばしにしては あとで後悔することになります。
子どもは それがまだ理解できない年代です。
コツコツ子どもに伝えていく 努力をしましょう。

知らないことがたくさんあるからこそ 子どもです。
ゆっくりでいい知らないことを学び 一休みしても大丈夫 それでも立ち上がり 前に進むめるよう
応援していきます。

11月もよろしくお願いします。


 
2019年10月31日 22:14

先の見通し

小学部で現在行っている迷路は複雑で長い道のりの迷路です。
自分のペン先だけをみていると ゴールは遠い・・・

すこしずつ 先を見ながら ペンを動かせるようになると ゴールは近い

子育て中の保護者の方にも 同じことが言えます。

自分の思い通りにいかず 泣き叫んだり イヤイヤしたり・・
宿題のプリントをなかなかやらずに 「やったら?」「やりなさい!」「やろうか・」と
何とかこえがけしても なかなかやらない
大人でも気分がのらないとき 疲れてしんどいときもありますね。それでも大人が親がやれるのは
これをやらないといけない 困るなど 理由が先が見えるからです。
例えば小島に何か言われる・・なんでやっていないか叱られる((笑))など


子どもは親が思うとおりに導こうと思えば思うほど 逆の方向に向かいます
また まだまだ先を見通して物事を考えられるようになるには 時間と親の忍耐も必要でしょう。

修了テストの範囲が発表されると 親はやる気になったり 焦ります。
が、子どもは????の状態ですね。

無理しないように ・・お願いします。


 
2019年10月25日 06:43

もういっかい

娘たちがが幼いころ 家族でよくゲームをして遊びました。
トランプのババ抜き・七並べ・神経衰弱 双六・オセロ・将棋・しりとり・クイズなど 私が仕事で留守な時も
代表と楽しく対戦していたようです。

教室でも 幼児部個別生はプログラムにいれているので 教室でも私と対戦します。
各季節講習には グループにわかれて ワイワイガヤガヤ たのしそうにゲームをします。

対戦方式の場合はもちろん 勝ち負けがあります。
勝つと やったー!喜び、負けると 涙がでてきて 本当に悔しそうな子もいる反面
勝っても、負けても 感情が表にでない子と 子どもの様子はそれぞれです。

負けると 悔しくて 娘たちは「もういっかい!」と繰り返しやりたがりました。
特に1番下の子は姉たちに負けると 泣きながら 怒っていました((笑))
怒っている・・そう そんな感じ。年の離れた姉たちにどうやっても勝てない悔しさか 今では想像もできないほど わがまま放題でした。
そんな 末っ子娘に 特に甘かった 代表は 「よし もういっかいな・・」と飽きずに 最後はわざと勝たせて、末娘は満足して にっこり。
姉たちに「パパに勝った!」と自慢していました。

幼いころのこの経験が今の娘たちにプラスになっていると思います。

諦めることは 簡単な時も 簡単ではない勇気がいる難しい決断な時も あります。
また、考えて考えて 悔しくても諦めなければいけない事もたくさんあります。

 「あきらめない、もういっかい」という気持ちは 諦めることより 勇気がいることではないかと思います。

継続を決断してくれた保護者の皆様方も
「やめるといったけれど もういっかい がんばります」と言ってくれた子も ありがとうございます。
とっても うれしかったです。

何回も 何回でも あきらめて でも もういっかい と 繰り返し挑戦すれば いいんだよ。
いまだから それができるんだよね。









 
2019年10月15日 06:21

君たちはすごいよ

まだ 歩く前の 幼いころ
おんぶひもの中でゆられながら  入園前の 意思の疎通さえも難しいころ
 きみたちは やってきた

ニコニコ笑っているだけで 出すもの出すもの 机の下に落として 投げて
クレヨンは 口の中 ((笑)) 好き勝手に プリントはぐちゃぐちゃに
椅子に座っていても ずり落ちて・・ 小さくて 可愛かった きみたち

気に入らないと 泣いて 怒って
それでも 諦めずに 泣きながら 怒りながら
最後までやったね

そんなきみたちを 今年の修了式で
継続通室努力賞で 表彰できる

5年・・よく頑張った
現在小1の子も 小2で残ってくれる子も いよいよ来年が最後の1年 きみたちとのこれからの時間を
大切にしたい

きみたちから 元気をたくさんもらって 

今年も残り3か月 体のあちこち 不調だらけだけど

きみたちの 為なら 先生はがんばれる
来年もがんばろう そう 思えたよ

きみたちは それだけで すごいよ

3日坊主ではないよ
継続は力なりだね 証明できたね

「やってみなければわからない」

お父様が 転勤になり 今後の通室も危ぶまれたお嬢さんが
お母様にそう 言ってくれたそうです。

その言葉に 励まされ 
がんばれるだけ 色々な方の助けをお借りしながら継続通室してくれることに
ありがたい・・

5年・・口で言うほど簡単ではなかったよね
孫のように 娘・息子のように 叱る私相手に
大変だったでしょう。

私の中で この5年通室は 一つの目標期間


来年も継続しなければ
表彰すらしてあげられなかった・・
ありがとう

きみたちは それだけで すごいよ
きみたちを 誇りに思う

今年の残り3か月と来年1年 
悔いのないように
がんばる!















 
2019年10月08日 20:53
ロゴ
こじま知育教室

名古屋市名東区藤見が丘59
政美マンション206

☎︎ 052-768-5850

ブログカテゴリ

モバイルサイト

こじま知育教室スマホサイトQRコード

こじま知育教室モバイルサイトへはこちらのQRコードからどうぞ!